DoPent – ポンプ部品 – AH120

加工能率の改善

DoPentは、70°の進入角から生み出される軽快な切削動作により、送り速度と速度を向上させながら、薄切片のエッジングのびびりのない加工を可能にした。 その結果、3.7倍の生産性向上が可能になった。 さらに、DoPentインサートは、インサート1個あたりの切れ刃数が3倍多く、コスト削減を実現する。

DoPent
産業 一般機械
加工部品 ポンプ部
ISOコード K – 鋳鉄K – 鋳鉄
被削材 FCD450
工作機械(スピンドルタイプ) 中型縦型マシニングセンタ(#40、HSK63)
加工分類 転削
加工形態 平面加工
製品名 DoPent
TSR No. 1644M
ポンプ部

使用工具

タンガロイ 他社品
ボディ テン09R100M31.7-08 平面加工
刃数 8 6
工具径 100 100
インサート PNMU0905GNEN-MJ ポジティブインサート
コーナ数 10 3
材種 AH120 PVD

切削条件

タンガロイ 他社品
切削速度 V/c (mm/min) 150 95
刃当り送り f/z (mm/t) 0.16 0.09
送り速度 Vf (mm/min) 661 163
切込み ap (mm) 1.5 1.5
切削幅 ae (mm) 100 100
切削油 内部給油 内部給油

試験結果

加工能率3.7倍